2018/07/15

「銀河鉄道の父」を読んで

Gingatetsudouchichci4s
第158回直木賞受賞作「銀河鉄道の父」(門井慶喜:講談社)をやっと読み終えた。同じ日に買った芥川賞の「おらおらでひとりいぐも」は,スラスラ読めたが,この本は400ページ超。なかなか読み進まなかった。

「銀河鉄道の父」とは,「銀河鉄道の夜」を書いた宮沢賢治の父,政次郎の視点から描かれた「親子小説」だ。古着商を営む政次郎は,息子に商売を継がせたかったが,その気がないと知ると盛岡中学校や盛岡高等農林学校への進学を許した。宗教上の対立があったが息子を尊重し,賢治が家出して上京したときには,暮らしを心配している。賢治は稗貫農学校の教師となるも,数年で退職し,農民となってしまった。それでも,賢治の執筆活動を応援し続けるよき理解者であった。
この小説の最後では,政次郎と賢治の親子の絆が綴られている。賢治は,父政次郎が思う人生とはならなかったが,父親に感謝して亡くなっていったのであろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

岩村城下町/ふくろう商店街

300617iwamuratown08s_2
先日の岩村城見学の後,岩村歴史資料館と岩村の城下町を見学した。岩村歴史資料館は,城山のふもと,旧藩主邸跡に建てられていて,岐阜県重要文化財の明和・岩村城平面図や恵那市文化財の英和辞典などが展示されていた。英和辞典は1862(文久2)年発行で,木版で細かい字を彫っているのに驚かされた。

岩村本通り・城下町は,商家の町並みとして,国の重要伝統的建物群保存地区に指定されている。

300617iwamuratown27s
岩村本通りは,NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の「ふくろう商店街」のロケ地。訪れた6月17日(日)には,第3回ふくろうまつりが行われていて,大変にぎわっていた。写真は,「半分、青い。」で菜生ちゃんの家「おしゃれ木田原」になった洋品店。店先で売ってっていた「八百津せんべい」をおみやげに買った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/18

岩村城跡とユキノシタ

300617iwamurajou28s
昨日6月17日(日),友人二人と岐阜県恵那市の岩村城跡へ行ってきた。国道257号を友人の運転で,新城市・設楽町・豊田市稲武町を通り,岩村城まで約2時間で着いた。
岩村城は,日本100名城の一つで,日本三大山城でもある。織田信長の叔母にあたるおつやの方が,幼少の養子の後見として女城主をつとめたという。昨年の「大河ドラマ 女城主 直虎」つながりで,興味もあった。
国道から山道を入り,本丸下の出丸の駐車場に到着。まず,本丸の石垣が出迎えてくれた。高い。本丸からの眺めは最高。
写真は,本丸北側の六段壁(ろくだんへき)。

Yukinoshita300617iwamurajou33s
岩村城の本丸から城址公園に下る道には,ユキノシタの花が満開。ツツジやヤマアジサイも咲き,花の写真もたくさん撮ることができた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

LAVIE PC-DA770KAR

Laviepcda770kar01s
新しいパソコンを購入した。
NECのオールインワンデスクトップ。Core-i7の第8世代,2018年春モデルのパソコンで,快適。
前のパソコンが壊れたのが5月18日。しばらくCeleronのノートパソコンを使っていたので,速さを実感できている。
まだ,Windows10 には慣れていないが,いろいろ試してみたいなと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/06/07

「中世の東海道をゆく」を読んで

「中世の東海道をゆく-京から鎌倉へ,旅路の風景」(榎原雅治著 中公新書1944 中央公論社)を読み終えた。

今まで,五街道を歩き終え,二回目の東海道もあと二回ぐらいで歩き終える。歩いている中で,江戸時代以前にも東海道に道があることを知り,中世の東海道に興味を持った。

鎌倉時代の貴族・飛鳥井雅有が東海道を旅したときの旅日記「春の深山路」「都の別れ」などの記述をもとに,中世の東海道の風景を想像していくという書籍で,電子書籍版で読んだ。
とにかくおもしろい。
中世の熱田から鳴海間の東海道は,鳴海潟という海を通っていて,旅人は干潮を待ち歩いて渡ったという。

また,浜名湖の今切は1498(明応7)年の大地震または翌年の高潮ででき,浜名湖が海とつながったという通説は江戸時代の根拠希薄な文献からきていること。中世の旅日記を読み解くと,明応年間以前から浜名湖には海の水が遡上しているとしている。また,榎原氏は,今から千年前すなわち平安時代には塩分を含んだ珪藻が多くなっているという浜名湖の湖底ボーリング調査の結果を引用し説明している。

旅日記を読み解き,旅人が通過した時刻の潮位を調べ,その当時の風景まで想像するすごい内容だ。
沼田新田や浮島が原,横須賀城周辺を流れる前川・原野谷川,木曽三川・・・。また行ってみたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/03

牛川ウォーク2/豊橋創造大学・牛川の渡し

Toyohashisozouniv04s
昨日の牛川ウォークでは,牛川町にある豊橋創造大学を見学することができた。地元にあっても,今まで構内に入ることがなかった。この機会に見学することができ,よかった。
大学では,地域連携担当の方が,講義室で大学の概要を説明してくださった。前身の豊橋短期大学は,1983(昭和58)年開学。豊橋創造大学は,1996(平成8)年開学。保健医療学部や経営学部からなる。
カフェテリアで昼食後,図書館を見学させていただいた。この図書館は,保健医療関係やコンピュータ関係の図書が充実していて,学外の人も利用可能だそうだ。

Ushikawawatashi30060207s
最後に,牛川の渡しへ行った。創造大学の西門から出るとすぐのところにある。
以前のところと場所が変わっているようで,景色が変わっていた。それでも,船頭さんと豊川のゆったりとした流れは変わっていない。
牛川の渡しは,手漕ぎでは唯一の渡船だそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

牛川ウォーク1/正圓寺・正太寺

Ushikawasyouenji30060211s
6月2日(土),牛川校区三世代交流ウォーキングに参加した。
まず,牛川公園に集合し,正圓寺に行った。
正圓寺では,前住職から牛川地区と正圓寺の歴史について詳しく話していただいた。正圓寺は,江戸時代初期に戸田氏の隠居所に近くの浪ノ上熊野社そばにあったお寺を移したものだそうだ。本尊は薬師如来。2年前の御開帳のときに制作年代を鑑定してもらったところ,平安時代のものだという。次の御開帳は58年後とか。
この日は,豊橋市指定有形文化財の木造地蔵菩薩立像を見ることができた。鑑定の結果,この仏像も平安時代のものだそうだ。

Ushikawasyoutaiji30060218s
次に,正太寺に行った。正太寺の住職が初めに話したのは,今が盛りの菩提樹の花。虫たちがたくさん来るそうだ。そして,この寺には詩人丸山薫のお墓があるということ。
正太寺は,1591年創建。11世住職大河戸晩翠は,渡辺崋山の息子である日本画家渡辺小華の弟子だそうだ。

この後,豊橋創造大学と牛川の渡しに行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/18

パソコン不具合

Pasokon300518
パソコン不具合。ひどい。

およそ2年前にwindows7 に入れ替えて,比較的順調に使っていた愛機もついにダウン。再インストールも不調。2020年1月までは大丈夫と思っていたが,残念。10年間,ありがとう。

しばらくはasahi-net のメールアドレスは使えません。
連絡はNifty のアドレス(萩さんのホームページに表示)へお願いします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/05/15

寺野三日堂と渋川東光院

Teranomikkadou3s
渋川寺野インターで下りると渋川つつじ公園へ行く途中に,寺野三日堂という寺があった。正しくは,直笛山法蔵寺の観音堂。このお堂では,毎年一月三日,国指定重要無形民俗文化財の「寺野のひよんどり」が行われる。
寺野には,信濃から井伊谷に帰る途中の井伊直親が逗留し,「青葉の笛」を残したとの言い伝えがある。直笛山はその言い伝えから来ているとの説があるらしい。

Shibukawatoukouin5s
渋川には,亀之丞(井伊直親)が,今川方の追っ手から信濃に逃れるときに,立ち寄ったとされる東光院もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

渋川つつじ公園と渋川の大イチョウ

Shibukawatsutsuji_park26s
浜松市北区引佐町渋川の渋川つつじ公園へ行った。豊川インターから三ヶ日ジャンクションを新東名方面へ走り,三遠南信道を北進。渋川寺野インターで下りて,県道299号線沿いにある。西側の上り口から急な山道を15分ぐらい上ると,濃いピンクのシブカワツツジの群落があった。葉は三枚で光沢があり厚い。何だか柿の葉に似ている。ミツバツツジの仲間だそうで,静岡県の天然記念物に指定されている。三重県のジングウツツジの同属。
公園の頂上からは,渋川の集落や周りの山がきれいに見えて,すてきだった。帰りは,急な階段を東側へ下りた。

Shibukawa_ohicho3s
渋川には樹齢600年という大イチョウがある。圧倒された。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«名古屋グランパスVS横浜Fマリノス