2018/05/18

パソコン不具合

Pasokon300518
パソコン不具合。ひどい。

およそ2年前にwindows7 に入れ替えて,比較的順調に使っていた愛機もついにダウン。再インストールも不調。2020年1月までは大丈夫と思っていたが,残念。10年間,ありがとう。

しばらくはasahi-net のメールアドレスは使えません。
連絡はNifty のアドレス(萩さんのホームページに表示)へお願いします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/05/15

寺野三日堂と渋川東光院

Teranomikkadou3s
渋川寺野インターで下りると渋川つつじ公園へ行く途中に,寺野三日堂という寺があった。正しくは,直笛山法蔵寺の観音堂。このお堂では,毎年一月三日,国指定重要無形民俗文化財の「寺野のひよんどり」が行われる。
寺野には,信濃から井伊谷に帰る途中の井伊直親が逗留し,「青葉の笛」を残したとの言い伝えがある。直笛山はその言い伝えから来ているとの説があるらしい。

Shibukawatoukouin5s
渋川には,亀之丞(井伊直親)が,今川方の追っ手から信濃に逃れるときに,立ち寄ったとされる東光院もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

渋川つつじ公園と渋川の大イチョウ

Shibukawatsutsuji_park26s
浜松市北区引佐町渋川の渋川つつじ公園へ行った。豊川インターから三ヶ日ジャンクションを新東名方面へ走り,三遠南信道を北進。渋川寺野インターで下りて,県道299号線沿いにある。西側の上り口から急な山道を15分ぐらい上ると,濃いピンクのシブカワツツジの群落があった。葉は三枚で光沢があり厚い。何だか柿の葉に似ている。ミツバツツジの仲間だそうで,静岡県の天然記念物に指定されている。三重県のジングウツツジの同属。
公園の頂上からは,渋川の集落や周りの山がきれいに見えて,すてきだった。帰りは,急な階段を東側へ下りた。

Shibukawa_ohicho3s
渋川には樹齢600年という大イチョウがある。圧倒された。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/05/05

名古屋グランパスVS横浜Fマリノス

Granpus30050503s
5月5日(土),豊田スタジアムに,J1リーグ:名古屋グランパスVS横浜Fマリノスの試合を観に行った。Fマリノスといえば強豪チームだが,今年はグランパスとともに下位に低迷している。今日の試合は,いわば最下位争い。それでも,豊田スタジアムの入場者は3万8千人を超えた。いつものように東海環状自動車道で勘八駐車場まで行ったが,まさかの満車。やむなく豊田市役所の駐車場へ車をとめることとなった。

試合は,前半にマリノスがあざやかなシュートで先制。押し込められっぱなし。マリノスの攻撃は,素早く怒濤のように攻撃してくる。マリノスは守備もしつこく,グランパスはすぐにパスをカットされる苦しい展開だった。
だが,後半になると徐々にグランパスの流れとなり,幾度も決定的チャンスを作るようになり,最後はジョーのヘディングシュートが決まった。バンザイ!
結果は,1対1の引き分け。何とか勝点1をとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

フクロウとシロクマ

30nonhoifukurou18s
久しぶりに豊橋総合動植物公園に行った。園内は大幅にリニューアル中で,サル山が移動。ゾウ舎も変わっていた。大沢池周辺も整備された。そんななかで,興味を引いたのはフクロウ。自然の中での展示。しかも至近距離で見られるのがうれしい。表情を観ているだけで楽しかった。

30nonhoishirokuma22s
そしてなんといってもシロクマ。ホッキョクグマの生態展示は,この豊橋が初。旭山動物園が参考にしたという。残念ながら,今年の2月にオスのチャッピーが亡くなり,現在は1頭となっている。心なしか寂しそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

歩いてわかる旧東海道/箱根旧街道と後北条氏

Hakone300427_1bs
平成30年4月27日(金)に,豊橋市石巻地区市民館で,自主サークル「姫街道」の会があり,「歩いてわかる旧東海道/箱根旧街道と後北条氏」という題で話をした。この会では,姫街道のことを中心に三遠南信地域のことを学習している。今回,歩いた経験を話してほしいということなので,箱根旧街道のことを中心に話をした。
箱根旧街道を歩くと,豊臣秀吉の小田原征伐や後北条氏の歴史にふれることが多く,このテーマにした。会員の皆さんが,私のつたない話を熱心に聞いてくださり,うれしかった。

Oldhakone6s
この写真は,箱根湯元の街道(1880年…着色ガラス写真)
「百年前の日本」(セーラム・ピーポディー博物館蔵 モース・コレクション/写真編
:構成・小西四郎+岡秀行 小学館1983年発行)より

話の内容は,次の通り。

1 旧東海道と五街道の旅
 ①東海道 ②中山道 ③甲州道中 ④日光道中 ⑤奥州道中
2 旧東海道/箱根八里
 (1) 三島宿
 (2) 箱根宿
 (3) 小田原宿
3 箱根路の移り変わりと石畳
 (1) 箱根路の移り変わり
   ① 碓氷道(古代) ②足柄道(奈良・平安) ③湯坂道(鎌倉・室町) ④旧東海道(江戸)
 (2) 江戸時代の箱根旧街道
4 箱根関所
5 後北条氏
 初代:北条早雲 2代:氏綱 3代:氏康 4代:氏政 5代:氏直
6 山中城
7 早雲寺
8 石垣山一夜城
9 小田原城 


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/04/23

品濃一里塚と保土ケ谷宿・神奈川宿

12shinano29s
平成30年4月22日,東海道歩き二回目の29日目。今回は,戸塚駅から保土ケ谷宿を経て,神奈川宿・東神奈川駅まで約14kmを,約6時間で歩いた。とらぞうさんとteraさんが,一日付き合ったくださり,地図を見ることなく無事に歩き終えた。14年前に歩いたときも,あんずさん・☆丸さん・teraさんたちに案内してもらっている。歩きの友に本当に感謝している。
今回,本当は川崎か鶴見あたりまで行きたかったが,気温が30度近くまで上がり熱中症の心配もあったので,無理をせず東神奈川駅までで歩き終えた。

まず,前回の終点,戸塚大踏切の東側へ。この間は夜だったが,やはり朝はよい。街が明るい。戸塚区内では14年前に比べ,街道の案内板が整備されたと感じる。前回見過ごしてしまった戸塚一里塚も見つけることができた。
品濃一里塚では,とらぞうさんに一里塚公園を案内してもらい,東塚の写真を間近で写すことができた。実は前回もこの写真を撮っているが,よく見るとすべり台の向きが逆だった。

15hodogayanishi29s
保土ケ谷宿では,上方見附跡と保土ケ谷一里塚が復元されていた。以前歩いたときには看板だけで,松も植えたばかりだったが,松が生長し旧街道らしくなった。今井川には鯉のぼりも泳ぎ,もうすぐこどもの日。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/04/16

高天神城とウラシマソウ

Takatenjinjou29s
かねてから訪れてみたかった高天神城跡へ行ってきた。「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた「難攻不落の名城」で,徳川氏と武田氏が領有を争った城だそうだ。標高132mの鶴翁山の山頂にある山城で,さほど高くはないが,三方を急な崖に囲まれていて,攻めにくい城だと実感できた。
今日は天候が良く,はるか太平洋まで眺望がよかった。

Urashimasou300416takatenjin2s
北側の駐車場から城へ上る道には,ホウチャクソウやウラシマソウなど,珍しい野草が咲いていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

本駒込/吉祥寺の桜

Komagomekichijouji25s
東京文京区の本駒込にある諏訪山吉祥寺に行った。吉祥寺というが,吉祥寺市内にあるのではなく,この本駒込にある。江戸城築城の折に,吉祥増上の刻印が出たので,和田倉門付近に吉祥庵を造ったのが始まりだそうだ。その後,水道橋に移ったが,明暦の大火で焼け,現在地に移ったという。

Komagomekichijouji04s
山門を入るとみごとなしだれ桜。圧巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/26

復活寄席・橘座

30fukkatsuyose09s
昨日,名古屋市中区の愛知産業大学工業高校・橘座で,元先生たちの落語会「復活寄席」があった。大学の落語研究会のOBの元先生が,昨年から行っている。口座に上がったのは4人の精鋭。「そだねー。」というはやりの言葉もさっそく取り入れ,笑いにしていた。師匠たちの絶妙な語り口に,感心した。客席とのやりとりの間(ま)もさすが。学校の授業でも,子どもたちの反応をみながら,発言を引き出すことが重要。楽しかった。

Tachibanaza04s
橘座とは,1664(寛文4)年にこの地に芝居小屋が作られたことが始まりで,以来「芸所名古屋」の中心的の場所となっていたそうだ。芝居小屋自体は,大雨風や地震の被害を受けて無くなっていたが,1913(大正2)年,芝居小屋跡地に学校が建てられた。そして,2001(平成13)年,愛知産業大学工業高校・橘座となって復活した。写真は,橘座の裏手にある「芝居濫觴跡(橘座)の説明板。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«ない!戸塚の大踏切/平塚宿から戸塚宿へ