2017/03/18

府中宿から江尻宿を経て,興津宿まで

31futyuhigashi6as
東海道歩き二回目の19日目。前回から約一ヶ月ぶりで,府中宿から江尻宿を経て,興津宿まで約16kmを5時間で歩いた。
府中宿では,徳川家康の祖母源応尼の華陽院に立ち寄った。源応尼は,今川義元の人質になった竹千代の養育をしたそうだ。一回目の東海道歩きの時には関心がなかったが,NHK大河ドラマ「女城主 直虎」で紹介されたということで,ちょっと関心があった。でも,肝心の源応尼の墓の写真は取り忘れた。

草薙一里塚を経て,追分羊羹に立ち寄った。前回の東海道歩きでは,ここで休憩させてもらった。夏の暑さの中での街道歩きだったので,本当にありがたかった。そのときのお礼を言いたかったが,お客さんがたくさんだったので,一口羊羹を買っただけで,退出した。

00okitsuseikenji24s
興津宿では,興津坐漁荘を見学した。坐漁荘は,明治の元老西園寺公望の別荘で清見潟にあった建物である。
以前は博物館明治村に展示されていたが,2004(平成16)年に当地に復元されたそうだ。一回目の東海道歩きが2002(平成14)年なので,坐漁荘の見学は初めて。ボランティアの方が親切に説明してくれた。

今回の東海道歩きでは,雪をかぶった富士山がきれいに見えた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/04

名岐ダービー

Grampusgifu290304_53s
久しぶりにJリーグを観戦した。名古屋グランパスVS岐阜FCの試合。名古屋グランパスは今年J2リーグに陥落してしまった。J2になっても,豊田スタジアムにはたくさんのファンが駆付けていた。今年は,佐藤寿人選手や玉田選手が加入し,楽しみが増えた。

試合は,前半から岐阜FCが一方的に攻めていた。岐阜のサポーターは,試合中ずうっと歌っていて,とても元気だった。後半になって,ようやく名古屋も攻めに転じたが,なんと岐阜に先制されてしまった。それでも,終盤シモビッチ投入で勢いがでたグランパスは,終了間際になんとか同点に追いついた。よかった。

今回は,車で行った。豊川ICから東名高速道路に入り,東海環状道を通っ,勘八ICで降り,勘八駐車場まで約1時間。そこからシャトルバスで豊田スタジアムへ向かった。運良くシャトルバスは,往復とも座れて,ラッキーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/25

今も楽しい東海道,姫街道

290225kaidouarukitanoshimi6s
今日,豊橋市中央図書館で,平成28年度三遠南信地域資料展記念行事の講演会があり,「東海道 歩き旅の楽しみ」という演題で,話をしてきた。内容は,
1,街道歩きのきっかけ
2,五街道踏破
3,二回目の東海道歩き
4,尾張・三河・遠江の東海道 西から東へ
5,街道歩きの楽しみ
6,街道歩きの苦しみ・注意すること

4では,二回目の東海道の「宮宿から金谷宿まで18宿」の写真を交えて説明した。
だらだらとした話だったが,皆さん真剣に聞いてくださり,うれしかった。久しぶりにお目にかかる方もいて,懐かしかった。

講演会では,元豊橋市美術博物館長の後藤清司さんも,「姫街道の歴史と魅力」という演題で講演された。
姫街道のことが詳しくわかり,よかった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017/02/18

蔦の細道を通り,丸子宿・府中宿まで歩く

22tsutahosomichi29s
東海道歩き二回目の18日目。岡部宿から府中宿まで約16kmを5時間で歩いた。今年になって初めての街道歩きとなる。
朝,6時48分発の東海道本線興津行で藤枝駅に行き,8時36分発の静鉄ジャストラインバスで,岡部宿柏屋前9時10分頃着。十国坂観音堂を経て道の駅宇津ノ谷峠(岡部側)から,蔦の細道を登る。蔦の細道は古代の歌人が通った道だが,西から登ると結構きつかった。汗をかきながら,やっとのことで在原業平歌碑まで到着。下りは,杉林の中を恐る恐る降りた。道の駅宇津ノ谷峠(丸子側)で休憩後,丸子宿の丁子屋に着いた。
25mariko14s
丸子に来たら,丁子屋のとろろ汁を食べないわけにはいかない。運良く,入り口のいろり横の席に着くことができた。「丸子」1440円。おいしかった。
おなかいっぱいで,歩くのが大変だったが,丸子一里塚,安倍川大橋を経て,府中宿へ。静岡市内は,河津桜祭りやエスパルスフェアをやっていることもあり,とても賑やかだった。帰りの電車のなかで,とても目がかゆくなった。マスクをしていたおかげで鼻水は出なかったが,どうも花粉を浴びてしまったようだ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/02/13

武者小路実篤展

Tazukuri290211_3s
調布市文化会館たづくりで行われている,「調布に暮らした 武者小路実篤展」を見た。武者小路実篤は,70歳から90歳までの20年間,調布市仙川に暮らしたそうだ。晩年は文学だけでなく,絵もかいたそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

東京スカイツリー

Tokyosky_tree01s
昨日,東京スカイツリーに行った。とても寒い日だったが,たくさんの観光客で賑わっていた。地下鉄半蔵門線押上駅で降り,ソラマチ商店街を通り抜け,やっとの事でチケットセンターに着いたと思ったら,当日券購入の整理券を配布していた。決められた時間には1時間以上あったので,ちょっと散歩。大横川親水公園へ行ってきた。せせらぎを見て,のんびりできた。そして,チケット購入かと思ったら,ここでも30分ぐらい待ってやっと購入。首が痛くなった。
エレベーターで350mの展望台まで上ると,ぐるっと東京がよく見えた。晴れていて本当にラッキー。富士山も少しだけ見えた。荒川や隅田川の流れも見えた。ちょっと日光道中歩きを思い出した。
2月は誕生月なので,ステッカーももらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/09

コーヒーが冷めないうちに

Coffesamenaiuchini01s
「コーヒーが冷めないうちに」(川口俊和 サンマーク出版)という本を読んだ。
フニクリフニクラという不思議な喫茶店の決まった席に座ると,過去・未来に行くことができ,希望する相手と会えるというお話。本屋さんでみて,何気なく買った本だが,とにかくおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

小和田哲夫氏講演会

2月5日(日)午後2時から,豊川市文化会館中ホールで東三河法人会豊川支部主催の小和田哲夫氏講演会があった。小和田哲夫氏は,静岡大学名誉教授で,戦国時代の歴史研究の一人者だ。これまでも,「功名が辻」をはじめ「天地人」などNHK大河ドラマの時代考証を担当し,今年の「おんな城主 直虎」も担当している。
「戦国時代に生きた女城主と武将たち」という演題ではなされた。
小和田さんの話によると,戦国時代には女性の地位が高く,女性が家督を継ぐことがあったそうだ。女城主としては,今川寿桂尼や赤松洞松院尼,そして岩村城遠山夫人の例を紹介された。
そして,今川・武田・北条・織田・徳川の戦国大名の関係や,井伊直虎と直政の関係などを詳しく教えていただいた。
先月の,姫街道を学ぶ会での河合清江さんの講演と合わせて,直虎のことが一層理解できた。ためになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/30

直虎と直政講演会

Himekaidounaotora01s
平成29年1月27日(木)に,豊橋市石巻地区市民館で,自主サークル姫街道の会があり,河合清江さんが「直虎と直政」という題で講演された。河合さんの講演は2年連続で聞く。河合さんの講演と野口会長の補足で,いろいろなことが分かって,大河ドラマ「女城主 直虎」を観る楽しみが増えた。

この講演会でわかったことは,
1:ドラマで敵役のようになっている小野家の墓が龍潭寺にたくさんあることから,小野家は井伊家にとってそれほど悪い関係ではないこと。
2:亀之丞が逃げたのは,信濃の国,現在の高森町の松源寺で,信濃までは今川の力が及ばないことが理由だろう。
3:おとわが出家し次郎法師と名乗ったのは,男性は出家しても還俗できるが,女性は還俗できないので,次郎という男性名にしたこと。
・・・
まだまだたくさんある。
高森町の名物は市田柿。きのう久しぶりに食べたが,おいしかった。暖かくなったら,訪れてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/28

28越境地域政策研究フォーラム

29ekkyouchiiki10s
越境地域政策研究フォーラムが,愛知大学豊橋教室で行われ,今年も午後の分科会5(越境地域と歴史・文化)に参加した。4人の先生が,それぞれの研究を発表され,いずれも興味深いものだった。
まず,愛知大学の和田明美先生は,古代東海道・東山道の「坂」「境」の話をされた。「坂」は峠を意味し,御坂峠,足柄峠,碓井峠が東国との境だそうだ。
次は,われらが群馬県立女子大学の北川和秀先生が発表された。古代の言語から駿河と遠江の発音の違いに着目していたこと,8世紀の様々な制度で三河と遠江に境界があったとするなど,納得。
そして,名古屋女子大学の竹尾利夫先生が,「参河・遠江国と古代東海道」を発表した。豊川市在住とあって,姫街道・鎌倉街道・東海道・二見の道のことを,万葉集の歌を例にとてもくわしく教えてくださった。
最後は,愛知大学の飯塚隆藤先生が,三遠の河川舟運について発表された。歴史GISデータベースの構築という,すばらしい研究をしていることがわかった。
おもしろかった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

«吉祥山・案内板