2024/02/25

「完全踏査 古代の道 新装版」を読んだ。

Kodainomichi01_2as

「完全踏査 古代の道 新装版」畿内・東海道・東山道・北陸道(木下良:監修,武部健一:著 2023年 吉川弘文堂刊)を読んだ。この本の第一冊は,2004年刊。
著者の武部氏は,道路技術者として高速道路の建設に携わっているときに,事前の発掘調査で古代の道路遺跡が発掘されることから,古代の道路と高速道路の類似性に気がついたという。高速道路は,地点間をなるべく直線で結び,適切なところにインターチェンジをつくる。古代の官道は,できる限り直線でつくられ,おおよそ30里(古代の単位で約16km)ごとに駅家(うまや)を設けているからだ。武部氏は,「延喜式」の記述を基に,木下氏の助言を得ながら,畿内および東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道の駅路を,完全踏査し研究成果をまとめたという。

この本では,畿内から東海道・東山道・北陸道の成果がまとめられていて,近年愛知の鎌倉街道を歩き,その道筋と歴史・風物をまとめていたので,とても興味深かった。とくに,新所原から橋本宿へのコースでは,猪鼻駅を静岡県新居町中之郷と比定していて,私が歩いたコースがまさに古代の東海道だとわかり,うれしかった。また,とらぞうさんに案内していただいて歩いた,ヤマトタケルゆかりの神奈川県葉山の道や走水の地も東海道の別道として名記されていて,よかった。

| | コメント (2)

2024/02/09

汝,星のごとく

Nanjihoshi1s

先日までに,凪良ゆうの「汝,星のごとく」(2022講談社刊)を読み終えた。「汝,星のごとく」は2023年の本屋大賞受賞作。
瀬戸内の離島の高校に通う二人が恋に落ちるが,互いの母親のことで苦労させられ,別々の人生を歩む。

凪良ゆうの作品は,2020年の本屋大賞受賞作「流浪の月」も3年前に読んだ。

| | コメント (0)

2024/02/05

生涯学習活動推進大会

Syougaigakusyu_r06020501s

豊橋市公会堂で,生涯学習活動推進大会があった。昨年度まで校区の社会教育委員として活動していた関係で,出席した。
式典の後,地区市民館の活動発表があり,生涯学習講演会があった。講師は,吉本興業の豊橋市住みます芸人「ブロードキャスト!!吉村」氏と,愛知県住みます芸人の「小鈴木」氏の二人。吉本興業の地域貢献活動の一環として,47都道府県それぞれで活躍しているそうだ。小鈴木氏は,犬山市で人力車をやりながら,観光客誘致に貢献。吉村氏は,昨年4月に豊橋市住みます芸人となり,手筒花火を上げたり,伸びるんでスクールで子どもたちに漫才を教えたりして,地域の活性化に貢献しているという。二人の軽妙な語り口は,こころ和ませるひとときだった。

| | コメント (0)

2024/01/27

やみあがりの吉祥山登山

Kichijousanr060127_3s

今日,久しぶりに吉祥山382mに登った。正月3日に風邪をひき,約3週間長引いていた。1km公園の散歩もひかえていたので,長く歩くのはほぼ一か月ぶりだろうか。登山口から歩き始めて100mで,すでに息切れ。でも距離2000mを50分で,何とか登り切った。
昨年まで10年連続毎月登山を継続中。今月途切れるかも,と思っていたが,何とか継続。

今日は,天候がよく,富士山を見ることができると期待していたが,残念。富士山の方向には低い雲があり,見えなかった。雪をかぶった南アルプスは,きれいに見えた。

| | コメント (4)

2024/01/10

極楽征夷大将軍を読み終えた

Gokurakusyougun1as

第169回直木賞受賞作の「極楽征夷大将軍」(垣根涼介著 2023年 文藝春秋刊)を約2か月かけて読み終えた。2段組549ページという超読み応えのある作品だった。極楽征夷大将軍とは,室町幕府初代将軍の足利尊氏のこと。

 鎌倉幕府御家人足利氏は,源氏一族である。鎌倉時代には,得宗家(北条家)の独裁政権のもと幕府を支える立場であった。
 後の足利尊氏は,足利を継ぐ立場ではなかったが,長男が亡くなったため足利宗家を継ぐこととなった。尊氏は,やる気無し,使命感なし,執着なしの人物であったが,実直な弟の足利直義と足利家執事の高師直の助けによって,鎌倉幕府を倒し,建武の新政を行った後醍醐天皇も退け,室町幕府の初代将軍となった。尊氏は,弟の直義を特に信頼していて,最後まで自分のそばに置いておこうとした。また。高師直についても足利家のためにいちばん働いたとして重用した。

 話は,弟の直義と高師直のそれぞれの立場で思いが交互に綴られていく。始めの頃は,この二人が協力して戦術を詰め,相手と戦ってきたのに,やがて反目してしまう。武士を中心に領地をあたえるのか,寺社や公家の領地を認めるかので,考えに違いがあった。政権の中枢にある者にとっては,難しい問題である。たくさんの武将や貴族の名前が出てきて大変難しい本であった。

| | コメント (0)

2024/01/01

謹賀新年2024年

11iseuji21bn

あけましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
     2024年1月1日

昨年は,いろいろ変化があった一年でした。
コロナ・インフルエンザではないのですが,不調なときがしばしばありました。
判断力がおとろえたような気がします。
できる限り歩くようにしていますが,足腰も以前のようではありません。
そんな中で,吉祥山登山10年連続毎月登山を達成しました。
何としてもこれは70歳まで続けたいと思います。

中学校の社会科非常勤講師四年目。
今年は2年生を受け持ち,歴史では江戸時代と明治維新,地理では日本地理を教えました。
特に日本地理は,面白かったです。
愛知の鎌倉街道と伊勢街道を完歩した他,鞆の浦や三朝町の投入堂へも行きました。
とてもためになりました。
今年もいろいろなことを知りたいと思っています。頑張ります。

| | コメント (4)

2023/12/26

2023年個人的10大ニュース

03hokkokufujikawa22s

1 愛知の鎌倉街道(10月)と伊勢街道(12月)を歩き終えた。
2 新車AQUAを購入した。(4月)
3 吉祥山登山10年連続毎月登頂(12月)
4 念願の鞆の浦見学,投入堂に登る。(7月)
5 姫街道講演「重要伝建地区」(6月)「愛知の鎌倉街道」(2・12月)
6 北国脇往還を歩いた。(4・11月)・・写真は藤川宿にて
7 4Kのテレビとレコーダーを買った。(11月)
8 X(twitter)「ねこはぎ」を閉鎖。「イタチハギ」を開設(12月)
9 校区社会教育委員が終わり,町内組長を務める。(4月~)
10 老眼進み,眼鏡を新調した。(2月)
※ 中学校非常勤講師として勤務する。(四年目-4月~)
※ MRCP検査を受けた。(6・12月)
※ 次男夫婦が引っ越しした。(3月)
※ ドラゴンズファンクラブ四年目,一試合観戦(8月)。
※ 腰痛・肩こりや体調不良で苦しむ。(1・7・10月)

| | コメント (0)

2023/12/24

WHAT'S HAGISANアクセス130000

130000as

WHAT'S HAGISANのアクセスが130000となった。2004年8月に開設してから,19年4か月。実に古くからやっている。これからどうするか分からないが,細々と続けていく。

なお,昨日X(twitter)ねこはぎを閉鎖し,「イタチハギ」を登録した。

| | コメント (0)

2023/12/23

伊勢街道六日目/斎宮駅から伊勢神宮内宮まで

07miyagawa06as

伊勢街道歩き六日目。前回終了した近鉄斎宮駅から小俣宿を経て宮川橋を渡り,伊勢神宮外宮前を通過して伊勢神宮内宮まで,約17kmを休憩を含め5時間半で歩いた 。2020年2月に四日市の日永追分をスタートしてから,途中のコロナ禍もあり,4年もかかってしまった。それでも我ながらよく頑張った。それにしても,宮川橋は細くて歩道もなく,こわかった。

12isenaiku12as

伊勢神宮内宮には,前回2021年3月に二見道を歩いたときに参拝しているので2年9か月ぶり。きちんと古市参宮街道とおはらい町を通って宇治橋まで到着した。とてもにぎやかだった。今回は,伊勢街道完歩を優先し,伊勢神宮外宮には寄らなかった。

| | コメント (0)

2023/12/10

10年連続毎月吉祥山登山

Kitijousanr051210_6bs

今日で,10年連続毎月吉祥山登山を達成した。合計125回目。うっすら富士山も見え,10年連続を祝ってくれているよう。(自分で勝手にそう言っておこう。)
花は終わって枯れかけてはいたが,コウヤボウキを見ることができた。めっきり数を減らしてしまい,今年になって初めて見ることができ,うれしかった。

| | コメント (0)

«漂泊の楽人/内田康夫