2024/02/25

「完全踏査 古代の道 新装版」を読んだ。

Kodainomichi01_2as

「完全踏査 古代の道 新装版」畿内・東海道・東山道・北陸道(木下良:監修,武部健一:著 2023年 吉川弘文堂刊)を読んだ。この本の第一冊は,2004年刊。
著者の武部氏は,道路技術者として高速道路の建設に携わっているときに,事前の発掘調査で古代の道路遺跡が発掘されることから,古代の道路と高速道路の類似性に気がついたという。高速道路は,地点間をなるべく直線で結び,適切なところにインターチェンジをつくる。古代の官道は,できる限り直線でつくられ,おおよそ30里(古代の単位で約16km)ごとに駅家(うまや)を設けているからだ。武部氏は,「延喜式」の記述を基に,木下氏の助言を得ながら,畿内および東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道の駅路を,完全踏査し研究成果をまとめたという。

この本では,畿内から東海道・東山道・北陸道の成果がまとめられていて,近年愛知の鎌倉街道を歩き,その道筋と歴史・風物をまとめていたので,とても興味深かった。とくに,新所原から橋本宿へのコースでは,猪鼻駅を静岡県新居町中之郷と比定していて,私が歩いたコースがまさに古代の東海道だとわかり,うれしかった。また,とらぞうさんに案内していただいて歩いた,ヤマトタケルゆかりの神奈川県葉山の道や走水の地も東海道の別道として名記されていて,よかった。

| | コメント (2)

2024/02/09

汝,星のごとく

Nanjihoshi1s

先日までに,凪良ゆうの「汝,星のごとく」(2022講談社刊)を読み終えた。「汝,星のごとく」は2023年の本屋大賞受賞作。
瀬戸内の離島の高校に通う二人が恋に落ちるが,互いの母親のことで苦労させられ,別々の人生を歩む。

凪良ゆうの作品は,2020年の本屋大賞受賞作「流浪の月」も3年前に読んだ。

| | コメント (0)

2024/01/10

極楽征夷大将軍を読み終えた

Gokurakusyougun1as

第169回直木賞受賞作の「極楽征夷大将軍」(垣根涼介著 2023年 文藝春秋刊)を約2か月かけて読み終えた。2段組549ページという超読み応えのある作品だった。極楽征夷大将軍とは,室町幕府初代将軍の足利尊氏のこと。

 鎌倉幕府御家人足利氏は,源氏一族である。鎌倉時代には,得宗家(北条家)の独裁政権のもと幕府を支える立場であった。
 後の足利尊氏は,足利を継ぐ立場ではなかったが,長男が亡くなったため足利宗家を継ぐこととなった。尊氏は,やる気無し,使命感なし,執着なしの人物であったが,実直な弟の足利直義と足利家執事の高師直の助けによって,鎌倉幕府を倒し,建武の新政を行った後醍醐天皇も退け,室町幕府の初代将軍となった。尊氏は,弟の直義を特に信頼していて,最後まで自分のそばに置いておこうとした。また。高師直についても足利家のためにいちばん働いたとして重用した。

 話は,弟の直義と高師直のそれぞれの立場で思いが交互に綴られていく。始めの頃は,この二人が協力して戦術を詰め,相手と戦ってきたのに,やがて反目してしまう。武士を中心に領地をあたえるのか,寺社や公家の領地を認めるかので,考えに違いがあった。政権の中枢にある者にとっては,難しい問題である。たくさんの武将や貴族の名前が出てきて大変難しい本であった。

| | コメント (0)

2023/11/28

漂泊の楽人/内田康夫

Hyouhakuuchida03as

「漂泊の楽人」(内田康夫著1996徳間文庫=1986講談社刊)を読んだ。いただいた本だが,文庫本は持ち運びに便利で,ちょっとした時間に読むのにはいい。浅見光彦シリーズ。内田康夫の作品は,ずいぶん昔にいくつか読んだと思うが,全く覚えていない。

この作品には,新潟の角兵衛獅子や,魚沼地方津南町とか新潟市月潟村などの地名が出てきて,なかなか面白い。いままで全く知らないところで,興味を引いた。
事件の鍵を握るのはワードプロセッサー。作品の中では,ワープロの仕組みを細かく説明している。ワープロが出たての時には,そんな説明も必要だったのだろう。40年前には,こんな機械が200万円もしたとは隔世の感がある。自分はこんな高いものは買ったことはないが,その仕組みとか辞書フロッピーがどうのこうのはすべて分かる。ストーリーも面白いが,別の意味で良かった。

| | コメント (0)

2023/10/28

琥珀の夏/辻村深月

Kohakunonatsu05bs

琥珀の夏/辻村深月 文春文庫2023刊を読み終えた。エピローグまで含めて600ページ超の長編。辻村作品は,もう何冊目になるか? ちょっとした辻村深月ファン。
「琥珀の夏」は,ミライの学校という宗教団体の夏合宿へ参加したノリコと,ミライの学校で生活するミカの話。小4の時に参加したノリコは,合宿で心細い時を過ごしていたが,同年のミカに救われる。大人になり弁護士になっていたノリコは,そのミライの学校跡地から少女の白骨死体が発見されたというニュースを耳にし,それがミカちゃんではないかと思う。
「かがみの孤城」で不登校の少女の心情といじめ問題を扱ったミステリアスな展開にも通じる。
最近のドラマ,ハヤブサ消防団や相棒でもカルト教団が舞台になっていたが,このミライの学校にも同じにおいがする。この作品はすべてフィクションだが,舞台となっているミライの学校は,子供の自主性に任せるというが,人の心をコントロールするという感じでいやだ。

| | コメント (0)

2023/09/10

間宮林蔵・探検家一代

Mamiyarinzou01s

昨日までに,「間宮林蔵・探検家一代 海峡発見と北方民族」(髙橋大輔著 中公新書ラクレ2008年刊)を読んだ。
以前つくばみらい市の間宮林蔵記念館に行ったことをXでつぶやいたら,「おすすめ本.com」さんが,この本を紹介してくれた。最近の新刊かと思ったら,15年も前の発行なので手に入らず,豊橋市中央図書館で検索したら見事にhit。さっそく借りてよんだ。
間宮林蔵がたどった足跡を,この本の著者の探検家髙橋大輔氏が巡ったものだ。間宮林蔵は二度にわたってサハリンを探検し,二度目の探検でサハリンが島であることを確認した後,アムール川をさかのぼり,満州仮府デレンまで行った記録を詳細に紹介している。
髙橋氏は,ロシアのユーリ博士の案内で,ハバロフスクからデレン(現ノボイリノフカ)を経て,下流のプラバまで行き引き返したそうだ。プラバでは,北海道から逃れてきたアイヌの人と対面している。本当にすごい。

| | コメント (0)

2023/08/29

この夏の星を見る

Kononatsunohoshi01as

「この夏の星を見る」(辻村深月著 2023年 角川書店刊)を読んだ。
コロナ禍で部活動ができない中,複数の中高校生による天文系サークルの若者たちが,スターキャッチコンテストというオンラインでの天体観測を通して,友情を深めていく物語。帯には,「離れていても,空はひとつ。全国の中高生たちは天文活動を通じてつながっていく。」とある。コロナ禍の不自由な学校生活や,中高生の心情を見事に表している。
登場する砂浦第三高等学校の生徒がつくば市の工場からの帰りに乗った電車。つくばエキスプレスかな?常磐線かな? 巻末に協力:土浦第三高校とあったから常磐線だね。こんなことを想像するのも楽しかった。

| | コメント (0)

2023/08/01

医療戦士かく戦えり

Rekishiiryou_senshi01as

「幕末維新とパンデミック 医療戦士かく戦えり」(泉秀樹 著 2022年7月 日本医療企画刊)を読んだ。
新型コロナウイルスによるパンデミックのことかと思ったら,前に幕末維新と書いてある。なんと幕末には,1822(文政5)年,1858(安政5)年,1862(文久2)年の三度もコレラが流行し,それぞれ多数の死者が出たということだ。もともとコレラはインドの風土病であったが,ヨーロッパの大航海時代にヨーロッパへ広がり,中国や東南アジアにも広がったということだそうだ。江戸時代にはコロリと言って恐れられた。
安政のコレラ流行は,長崎に入港した外国商船が上海から持ち込んだコレラ菌が最初で,細菌による感染症であるという知識のない江戸時代の庶民の間で大流行したという。そんなとき活躍したのがオランダ人のポンペであり,ポンペが長崎奉行所内に開いた「医学伝習所」で学んだ松本順であった。また,適塾を開いた緒方洪庵も天然痘の治療に尽力した。
この本では,幕末の日本の医療だけでなく,当時の政治情勢も詳しく論述していて,大変興味深かった。明治期,明治10年,西南戦争で勝った凱旋兵士が乗った艦船内にコレラ患者がいて,関西全体にコレラが広がったという。この後,明治期にはコレラの大流行が何度も繰り返し起こったという。医療が進歩した現代に生きていることに,感謝。

| | コメント (0)

2023/07/19

歴史の定説を破る

Rekishiteisetsu2as

「歴史の定説を破る あの戦争は『勝ち』だった 保阪正康著 2023 朝日新書」を読んだ。保阪さんは,BS-TBSの「関口宏・保阪正康のもう一度近現代史」に出演していた。番組での解説が分かりやすかった。

あの戦争とは,太平洋戦争のこと。保阪氏は,あの戦争で日本は壊滅的な被害を被った。それだけに,国家を全く新しいところから再建することができたという。ドイツも同じ。なるほどと思った。

| | コメント (0)

2023/07/05

三浦綾子/海嶺

Kaireimiuraayako01as

先月末までに,「海嶺〈上・中・下〉」三浦綾子著・角川文庫 1986(昭和61)年 を読んだ。3巻あわせて1200ページにもなる超大作だ。
物語は,1832(天保3)年10月10日,江戸に向け熱田港を出港した千石船「宝順丸」が遠州灘で遭難し,生き残った3人がアメリカの商船モリソン号で日本に送り届けられるも,幕府の異国船打払令により帰国できなかった史実を描いている。
海嶺〈上〉では,宝順丸に乗り組んだ船長・水主(かこ)の話と,遠州灘で嵐に遭い千石船の帆柱を切り倒し漂流することになったこと,漂流が1年2か月にも及び14人の乗組員のうち11人が死んだこと,生き残った岩松(岩吉),音吉,久吉が,アメリカ西海岸フラッタリー岬に漂着したことが描かれている。
海嶺〈中〉は,先住民の奴隷となっていた3人を,イギリスのハドソン湾会社のマクラフリン博士が助け,フォートバンクーバーを経て,イーグル号でハワイへ,そして南アメリカ大陸南端のホーン岬を過ぎ,イギリスのロンドンに着くまで。
そして,海嶺〈下〉。ゼネラル・パーマー号でマカオに着いた3人は,ドイツ人の牧師ギュッツラフの家で,聖書ヨハネ伝の日本語翻訳を手伝うことになる。翻訳が完成し,3人は九州で遭難した船の4人とともにアメリカの商船モリソン号で,帰国の途につく。しかし,喜びにあふれた漂流民が乗るモリソン号に対し,浦賀沖で大砲がうたれた。引き返して寄港した薩摩でも・・。漂流民の悲しみは,相当なものだっただろう。
幕府の鎖国政策の非常な面をみた。3人の漂流者は,ヨーロッパ人と接し,キリスト教に触れたことを常に恐れていた。それでも,祖国日本に帰りたいという願いを,江戸時代の日本は叶えなかった。悲しい歴史だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧