2018/09/23

生麦事件の碑と鶴見川のヒガンバナ

23namamugi02s
平成30年9月22日,東海道歩き二回目の30日目。今年の夏の猛暑だったこともあり,五か月ぶりの東海道歩きとなる。前回終了のJR東神奈川駅から川崎宿を経て,京浜急行蒲田駅まで約13kmを,約6時間で歩いた。とらぞうさんとteraさん・☆丸さんが,一日付き合ったくださり,今回も地図を見ることなく歩き終えた。途中雨が降ったが,特別な暑さもなく,よかった。

朝,8時15分頃東神奈川駅を出発。さっそく隣の京浜急行仲木戸駅を写す。ネットによると,京急は応募により複数の駅名を変更するという。仲木戸駅はその候補の一つに入っているという。
ばかな!!
神奈川宿の仲木戸という由緒正しい名前を変更するのか・・・。

そして,第一京浜国道15号を生麦方面へ。生麦付近は首都高速神奈川7号横浜北線の整備により,大きく変わった。工事のため,生麦事件碑も引っ越ししていたそうだが,今は,高速道路の高架下(たぶん元の位置)にある。

25tsurumi_ichiba02s
生麦の魚河岸を見て,鶴見川へ。鶴見川橋北畔の,ヒガンバナがきれいだった。
そして,川崎宿を経て,多摩川の六郷橋を渡り,蒲田でリタイア。京急蒲田は,ホームが3階建てですごい。14年前の一回目の東海道歩きのときには,京急羽田線の踏切があったが,今はもちろん立体交差。

京急鶴見駅そばの清月で「よねまんじゅう」を食べ,川崎宿東照では「奈良茶飯風おこわ」を食べた。
グルメ担当のとらぞうさんおすすめの二品。おいしかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/13

アマガエル?-ヌルデの虫こぶ

Hagi300913kichijousan26s
秋雨前線の影響で,9月になってから雨が続いている。そんななか友人と二人で,吉祥山に登った。朝方は涼しかったが,いざ登り始めると蒸し暑い。結構疲れた。キノコがいっぱいの登山道は,ジメジメしているだけで,あまり見るものがないなと思いつつ,何とか登っていった。
それでも,今日は可憐な萩の花を見ることができたのが収穫。5年連続で毎月吉祥山に登っているけれど,いちばんきれいかもしれない。よかった。

Nurude300913kichijousan30s
夢中で萩の花の写真を撮っていると,友人が「なんだこれ?」と叫んだ。はじめはカエルだと思ったそうだ。本当に変な形。ヌルデには虫こぶができると聞いていたが,まさかこんな大きなものとは。

帰宅後,さっそく「ヌルデのこぶ」と検索した。ヌルデシロアブラムシの寄生でできるそうだ。このヌルデの虫こぶは,お歯黒の原料の一つだったという。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

吉祥山も秋/コマツナギ

Komatsunagi300818kichijousan7as
仲間5人で,吉祥山にのぼった。8月の山のぼりは大変だが,今日はいくらか涼しくて,バテルことなく行ってくることができた。
8月はあまり花がない時季だが,休憩のとき草むらを進むと紫の花。萩の花に似たコマツナギが咲いていた。根が強いので,馬をつないだことからきているという。
木々に実もなり,アキノタムラソウも咲いていて,少しだけ秋を感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/21

赤いキノコ/タマゴタケ

Tamagotake300708kichijousan5abs
7月8日(日),友人と月一回の定例吉祥山登山に行った。登山といっても,標高382mの低山登山。
夏の山は蒸し暑く,お目当ての花も少なく,単調な登りだ。
そんなとき,きれいな赤いキノコを発見。もう5年も吉祥山に来ているが,初めて見た。これは怪しいと,写真を写していると,友人たちも「毒キノコだぞ・・・。」と興味津々。

Tamagotake300708kichijousan4a
自宅で「赤いキノコ」と検索すると,「きのこ図鑑」という分かりやすいサイトがあった。写した写真と見比べてみると,どうやらこれは「タマゴタケ」。食べられるそうだ。
同じテングタケ科の「ベニテングタケ」という毒キノコと似ているので,間違えやすいそうだ。

吉祥山には,四季を通じていろいろな花が咲く。まだまだ,いろいろな植物に出会えそうだ。
今日から,「吉祥山」カテゴリーを追加し,今までの分を整理する予定。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/18

岩村城跡とユキノシタ

300617iwamurajou28s
昨日6月17日(日),友人二人と岐阜県恵那市の岩村城跡へ行ってきた。国道257号を友人の運転で,新城市・設楽町・豊田市稲武町を通り,岩村城まで約2時間で着いた。
岩村城は,日本100名城の一つで,日本三大山城でもある。織田信長の叔母にあたるおつやの方が,幼少の養子の後見として女城主をつとめたという。昨年の「大河ドラマ 女城主 直虎」つながりで,興味もあった。
国道から山道を入り,本丸下の出丸の駐車場に到着。まず,本丸の石垣が出迎えてくれた。高い。本丸からの眺めは最高。
写真は,本丸北側の六段壁(ろくだんへき)。

Yukinoshita300617iwamurajou33s
岩村城の本丸から城址公園に下る道には,ユキノシタの花が満開。ツツジやヤマアジサイも咲き,花の写真もたくさん撮ることができた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

牛川ウォーク1/正圓寺・正太寺

Ushikawasyouenji30060211s
6月2日(土),牛川校区三世代交流ウォーキングに参加した。
まず,牛川公園に集合し,正圓寺に行った。
正圓寺では,前住職から牛川地区と正圓寺の歴史について詳しく話していただいた。正圓寺は,江戸時代初期に戸田氏の隠居所に近くの浪ノ上熊野社そばにあったお寺を移したものだそうだ。本尊は薬師如来。2年前の御開帳のときに制作年代を鑑定してもらったところ,平安時代のものだという。次の御開帳は58年後とか。
この日は,豊橋市指定有形文化財の木造地蔵菩薩立像を見ることができた。鑑定の結果,この仏像も平安時代のものだそうだ。

Ushikawasyoutaiji30060218s
次に,正太寺に行った。正太寺の住職が初めに話したのは,今が盛りの菩提樹の花。虫たちがたくさん来るそうだ。そして,この寺には詩人丸山薫のお墓があるということ。
正太寺は,1591年創建。11世住職大河戸晩翠は,渡辺崋山の息子である日本画家渡辺小華の弟子だそうだ。

この後,豊橋創造大学と牛川の渡しに行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

渋川つつじ公園と渋川の大イチョウ

Shibukawatsutsuji_park26s
浜松市北区引佐町渋川の渋川つつじ公園へ行った。豊川インターから三ヶ日ジャンクションを新東名方面へ走り,三遠南信道を北進。渋川寺野インターで下りて,県道299号線沿いにある。西側の上り口から急な山道を15分ぐらい上ると,濃いピンクのシブカワツツジの群落があった。葉は三枚で光沢があり厚い。何だか柿の葉に似ている。ミツバツツジの仲間だそうで,静岡県の天然記念物に指定されている。三重県のジングウツツジの同属。
公園の頂上からは,渋川の集落や周りの山がきれいに見えて,すてきだった。帰りは,急な階段を東側へ下りた。

Shibukawa_ohicho3s
渋川には樹齢600年という大イチョウがある。圧倒された。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/04/16

高天神城とウラシマソウ

Takatenjinjou29s
かねてから訪れてみたかった高天神城跡へ行ってきた。「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた「難攻不落の名城」で,徳川氏と武田氏が領有を争った城だそうだ。標高132mの鶴翁山の山頂にある山城で,さほど高くはないが,三方を急な崖に囲まれていて,攻めにくい城だと実感できた。
今日は天候が良く,はるか太平洋まで眺望がよかった。

Urashimasou300416takatenjin2s
北側の駐車場から城へ上る道には,ホウチャクソウやウラシマソウなど,珍しい野草が咲いていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/08

吉祥山のガマズミ

Gamazumi291008kichijousan19s
50回目の吉祥山登山。昨日までの低温から一変。湿度も気温も高く,少し疲れた。それでも,足のけがの影響もなく無事に登れてよかった。
一か月前の吉祥山はまだ夏の景色で,あまり花がなかったが,今回は秋の花が咲き出しにぎやかだった。萩の花はもちろん,スズカアザミ,ツリガネニンジンなども見られた。花だけでなく,栗やドングリの実も実っていた。クサギやミヤマシキミも実っていた。写真は,ガマズミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/11

玉泉寺のナギ

Ishimakisan29061151s
友人と石巻山に登った。1月には,中腹まで自動車道を歩いて登ったが,今回は石巻自然歩道の登山口から登って中腹に出た。林間の静かな道だ。帰りは,玉泉寺の方に下りた。
玉泉寺にあるナギの木は,豊橋市指定天然記念物となっている。市の案内板によると,根回り約6.1m,樹高約18mで,樹齢は推定500年以上だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧