2020/10/18

表浜街道その1/白須賀から東赤沢

10takatsuka11s

渥美半島の表浜街道を,静岡県湖西市の白須賀から愛知県豊橋市東赤沢町まで約14.5kmを5時間で歩いた。東赤沢から最寄りバス停レイクヒルズまでの約2kmと寄り道をふくめると約18kmになる。久しぶりの街道歩きだ。

白須賀から豊橋市内に入り,東から順に細谷・小島・寺沢・東七根・西七根・高塚・伊古部・東赤沢と歩いた。途中サザンカ寺の医王寺や,小松寺観音・東観音寺にも寄った。ほぼ国道42号を歩くことになったが,所々に旧道と思われる道が残っていて,楽しい街道歩きとなった。写真は,豊橋市高塚町付近。

09nishinanane01s

表浜街道は,伊勢街道とも呼ばれ,往事はお伊勢まいりの旅人が通った道だ。もともと,海岸沿いを通っていたが,度重なる津波の被害で街道や街道沿いの集落は,内陸の高台への移転を余儀なくされたという。東七根町付近の国道42号からは,太平洋を眺めることができた。この辺りの標高は60mぐらい。

| | コメント (0)

2020/08/02

年魚市潟勝景石碑と松巨島

Yobitsugimatsukojima10s

旧東海道呼続付近は,中世まで海に浮かぶ松巨島(まつこじま)という島であったという。名古屋市南区呼続二丁目にある「熊野三社」境内には,松巨嶋と彫られた手洗いがあると知り,行ってきた。残念ながら,手洗いにはゴザが巻いてあって,見ることができなかった。説明板には「呼続の台地一帯は昔白砂青松の景勝地で松巨嶋といわれ「尾張徇行記」に記されている」と書かれている。

Yobitsugiayuchigata12s

続いて,「年魚市潟(あゆちがた)勝景」石碑を見に行った。「年魚市潟」の住所をカーナビにセットしたがよく分からず,白毫寺の門前に行くと「年魚市潟勝景」の説明板があった。ちょうどそのとき,車で住職さんがお帰りになった。「年魚市潟」の碑のことを訪ねると,親切に教えてくださり,白毫寺のパンフレットまでくださった。うれしかった。パンフレットによると,「当寺境内地は,古来松巨嶋の北西部に位置し,高台地の下は,「年魚市潟」と称せられておりました。・・・」とある。

中世の東海道では,この「年魚市潟」を干潮のときに歩いて渡ったという。

家で,自分のHPの記述を更新しようとアクセスすると,「ふらっと旧東海道」のサイドメニューからのリンクが切れていることが分かった。Niftyのサーバーにある「美濃路」のページはよいが,あとはダメ。どうやら,ハードディスクを替えたせいでリンク先が間違っているようだ。アクセスしてくださったみなさん,ご迷惑をおかけしました。リンク修正するのは,しばらく先になります。

| | コメント (0)

2020/05/31

美濃路区間のHP完成

11sunaomatasyuku40as

綾戸一里塚/垂井追分をUPし,ふらっと旧東海道の美濃路区間が完成した。ホームページは,2019(平成31)年2月に古渡一里塚をUPしてから約一年三か月かかった。

美濃路は友人との4人旅で,6日間かかった。今,伊勢街道を歩き始めたが中断中。個人的には,中山道の関ヶ原を通って,北国脇往還の木之元宿までページを続ける予定。

| | コメント (2)

2020/01/23

古代東海道に残るヤマトタケルの東征伝説地

Yamatotakerupurezen1a

石巻地区市民館の自主サークル「姫街道」で,「古代東海道に残るヤマトタケルの東征伝説地」というテーマで話をしてきた。趣味で街道歩きをしていると,東海道には,古代・中世・近世と少しずつ違った経路があることが分かってきた。旧東海道を歩いていると,ヤマトタケルに関する伝説が多く残されている。そこで,今回のテーマを設定した。

この話をするにあたって,今回取材したところは,

三重県 加佐登神社 能褒野王塚古墳

岐阜県 阿遅加神社

愛知県 氷上姉子神社 矢作神社

静岡県 焼津神社 花沢の里 日本平

神奈川県 葉山・古代東海道 走水神社

昨年の夏から取材をし,ブログにも紹介してきた。勉強になった。  

| | コメント (0)

2019/11/19

能褒野王塚古墳と井田川駅の日本武尊像

10nobonoohtsuka13as

伊勢国府跡から少し歩くと,亀山市に入る。能褒野町の表示が見え,一安心。名越の信号交差点南に,のぼのの森公園がある。のぼのの森公園の中に,能褒野神社と能褒野王塚古墳がある。1879(明治12)年,宮内省が能褒野王塚古墳をヤマトタケル陵としたそうだ。墳長90m,高さ9mの前方後円墳で,4世紀末に作られたとみられている。宮内庁が管理しているので,お墓の前までしか入れない。

能褒野神社は,その後で作られたそうだ。

11idagawa16s

見学して,のぼのの森駐車場に行くと,ちょうど空車のタクシーが行くところ。乗れなかった。歩いて行くと,三重交通のバスが前を行く。乗りたかったなあ。ようやく井田川駅が見えたところで,13時31分発の名古屋行きが行ってしまった。次は,14時29分発。そういえば,3年前の東海道歩きのときも,ここで一時間も待ったっけ。とほほ。

でも,駅前の日本武尊像の写真は,しっかり撮れた。これで,ヤマトタケルの取材はひとまず終わり。とても良い勉強になった。

| | コメント (0)

2019/11/09

三河総社と三河国府跡

Mikawasouja16s

先日訪れた豊川市白鳥町の白鳥神社のそばに,三河総社がある。律令時代,地方に派遣された国司は,赴任時と毎月一回,国内の神明帳にある神社すべてに参拝することになっていた。その負担が大きかったので,すべての神社の祭神を一か所に集め,祀ったという。三河国の五十九の神社が集められたのがこの三河総社だそうだ。

Mikawakokufusougenji10s

三河総社の東に,曹源寺がある。この寺の境内から三河国府の遺構が発見された。曹源寺本堂が建つところが三河国府の正殿だったという。

| | コメント (0)

2019/11/05

焼津神社の日本武尊像

Yaizujinja03s

昨日,焼津神社に行った。主祭神は日本武尊。焼津神社の由緒書きには,「(ヤマトタケルが東征のとき,)敵の罠にはまり火に囲まれてしまいます。そこで尊は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)で草を薙ぎ払い,向火を放って敵を退けました。」とある。それにより,この地は「焼遺」という地名となり,焼津になったといわれる。

境内は,七五三参りの家族連れで賑わっていた。菊の展示会も行われていた。

Yaizujinja24s

ひと通り見学し帰ることに。でも何かもの足らない・・・。鳥居の写真を撮りに行くと,「ありました!」 菊花展のテントの裏に。テントで石像がかくれて見えなかったのだ。あやうく日本武尊の石像の写真を撮らずに帰るところ。セーフ。でも,下から見上げると,暗くて上手く写らなかった。

| | コメント (0)

2019/11/04

焼津・花沢の里とアサギマダラ

Yaizuhanazawanosato53s

11月4日(月),文化の日の振りかえ休日。静岡県焼津市の花沢の里へ行ってきた。花沢の里は30軒ほどの集落で,2014(平成26)年に,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。花沢の里の道は,古代の東海道とされ,日本坂峠を越えて静岡市側の小坂集落へ通じていた。「やきつべの小径」ともいうそうだ。「焼津辺に我が行きしかば駿河なる安部の市道に逢いし児らはも」という万葉集の歌碑もある。

ヤマトタケルが東征のときに越えたであろう日本坂峠を通る古代東海道は,中世には蔦の細道,近世には宇津ノ谷峠越えの東海道と変っていった。

Yaizuhanazawanosato_08s

花沢の里の道沿いに,フジバカマが咲いていた。何気なく見ていると,アサギマダラがフジバカマの蜜を吸っていた。フジバカマには,アサギマダラに必要なピロリジジンアルカイドが含まれているそうだ。

| | コメント (0)

2019/11/03

白鳥神社と法雲寺・白鳥地蔵尊

Shiratorijinja02s

先日,豊川市白鳥町の白鳥神社へ行った。地図を見ながら行くと,どうも二回目の東海道歩きのときに通ったようだ。家に帰って確認すると,同じ写真があった。でもこのときは,重要視していなくて,HPには掲載していない。03の名鉄踏切を渡った北の丘にあたる。

東三河には,新城市や豊川市を中心に多数の白鳥神社がある。ヤマトタケルの東征の際,岡崎・甲山(かぶとやま)の賊を打ち破ったあと,本宮山北麓の作手(つくで=現新城市)を平定し,遠江に向かったのではないかとされる。

この白鳥神社の祭神は,日本武尊。但し,由緒では,後花園天皇の時代(1400年代)に「尾州白鳥神社を勧請して日本武尊を祀る」とあり,この地は直接ヤマトタケルに関わることは,無いようだ。

Houunjisiratorijizouson05s

白鳥神社の二軒東に,白鳥山地蔵院法雲寺がある。白鳥地蔵尊と呼ばれ,木造延命地蔵菩薩半跏像は,豊川市指定有形文化財。

法雲寺の山門は,旧東海道赤坂宿の赤坂陣屋薬医門を移築したものと伝わる。本陣の門とする説もあるようだ。確かめてみよう。

| | コメント (0)

2019/10/28

走水の海/オトタチバナヒメ

08hashirimizu23s

今回の三浦半島訪問でのいちばんの目的は,走水神社。ヤマトタケルの東征伝説を理解するために,どうしても訪れたかった。そのために,街道歩きを早めに切り上げて,交通機関を利用した。それが正解。社務所が閉まるという午後三時に,かろうじて間に合った。走水神社から海を見ると,対岸の富津岬はすぐそこだ。グーグルマップで距離を測ると,約7.5km。古代東海道が,相模国から海を渡って上総国へ通じていたのも納得できる。

走水神社の祭神は,日本武尊と弟橘媛命。ヤマトタケルの東征の際,走水から浦賀水道を船で渡り,上総国へ向かおうとしたが,海神の怒りに触れ突然の嵐となってしまった。その嵐を沈めるために,東征に同行していた后のオトタチバナヒメが海中に身を投げたところ,海が静まり,ヤマトタケルは海を越えることができたという。

08hashirimizu12s

境内には,航海の安全を願う「舵の碑」がある。国際婦人年【1975(昭和50)年】に,地元婦人有志が発足人となり,建てられたそうだ。「舵の碑」には,弟橘媛命のプレートが埋め込まれている。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧