2017/10/09

三島宿から山中城址まで

20tsukaharashinden08s
東海道歩き二回目の23日目。沼津駅から三島宿を経て山中城跡まで約17kmを6時間で歩いた。この日は,気温が高く,上り坂でとても疲れた。15年前にはなかった伊豆縦貫自動車道と伊豆フルーツパーク,三島スカイウォークなど,箱根西坂も変わりつつあると思った。箱根路の碑の分かれ道はこの先で通行止めになっていて,塚原新田へのバスの道は,経路が少し変わっていた。
26sasaharayanaka05s
笹原新田のこわめし坂をあえぎながら登ると,三島スカイウォークがあった。ゆとりがあれば,スカイウォークを渡っても良いなと思っていたが,すごいお客さんの数に圧倒された。旧道ぞいの駐車場も満杯。これは時間をとっていられないと思い,先を進んだ。
そして,石畳に入ろうとすると工事中で通行止め。石畳を修復しているらしい。工事の人に感謝をしながら迂回路を歩いた。

それにしても,足を痛めた身にとって,石畳の道はつらかった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/09

東海道/原宿から沼津宿まで

06matsunaga24s
東海道歩き二回目の22日目。吉原駅から原宿を経て沼津宿・沼津駅まで約17kmを5時間で歩いた。今日は残念ながら,富士山は全く姿を現せてくれなかった。その代わり,愛鷹山の緑がきれいだった。
原宿では,昨年が没後250年という白隠禅師の松陰寺に立ち寄った。だれもいなかったので,ちょっと残念。白隠禅師生誕地は,整備をしていて見学できなかった。
原宿を越すと,暑くて単調な街道歩きとなった。途中,15年前には無かった松長一里塚跡碑を見ることができた。
箱根峠越えのことを考えると,三島宿まで行っておきたかったが,とても無理な相談だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/25

浮世絵 ねこの世界展

Neko_sekaiten10s
豊橋市二川宿本陣資料館に,「浮世絵 ねこの世界展」を観に行った。
ねこ好きなので興味があったが,8月27日の開催期間ギリギリの鑑賞となった。江戸末期の浮世絵師・歌川国芳は,無類のねこ好きとして知られ,多くのねこの浮世絵作品を残している。
なかでも,「猫飼好五十三疋」(みょうかいこうごじゅうさんびき)は,東海道五十三次の宿場名をだじゃれにしてねこを描いている。例えば,日本橋はねこがかつお節を二本食べようとしていて,「二本だし」と書かれていて,面白かった。(参考HP子猫のへや

帰りに,「猫飼好五十三疋」の絵はがきとファイルを買った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/09

嵩山の正宗寺

Syojuji290709_15s
石巻地区市民館の「知っトク!豊橋『まるごと石巻②:石巻を歩く』」の3回目,「姫街道を歩く」のお手伝いで,講座の皆さんと,石巻地区市民館から嵩山の正宗寺まで歩いた。
正宗寺は,鎌倉時代創建の臨済宗妙心寺派の寺院で,長沢蘆雪作の旧方丈障壁画は,国の重要文化財に指定されているそうだ。
本当は,嵩山宿の散策もする予定だったが,帰りのバスの関係でそれはできなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03

蒲原宿から吉原宿/左富士

25fujigawabashi09s
東海道歩き二回目の21日目。蒲原駅から蒲原宿を経て吉原宿・吉原駅まで約17kmを6時間で歩いた。暑くなることを心配していたが,比較的さわやかな一日でよかった。前回のさった峠ウォークのときはあまり顔を出してくれなかった富士山も,今日はばっちり見えた。★iさん,ごめんね。
蒲原宿を過ぎ,東名高速道路を越えるときれいな富士山があった。岩淵一里塚からも,富士川橋からも,富士市街地からもずっと見えていた。
30yodabashi31s
14年前に見ることができなかった左富士を見ることができて,うれしかった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/14

さった峠から望嶽亭を経て由比宿へ

12sattatouge135s
東海道歩き二回目の20日目。前回から約二ヶ月ぶりで,興津駅からさった峠・由比宿を経て,蒲原駅まで約12kmを歩いた。今回は,★iさんとののんびりウォーク。
16年前に歩いたときはさった峠から海岸寺経由の下道を通ってしまったので,今回は興津川の左岸から回る旧東海道を歩いた。さった峠のお目当ては,もちろん富士山。でも,旧清水市の眺望地からは,雲に隠れていて富士山は見えなかった。★iさんは,その後も粘って雲が晴れるのを待つという。
一人で歩みを進めていくと,途中で富士山が顔を見せた。

13bougakutei14s
さった峠を下ると,西倉澤一里塚碑がある。その向かいに,望嶽亭藤屋がある。前回は見学していなかったので,今回は見学させていただいた。24代の当主の方が,丁寧に案内してくださった。明治元年に,官軍に追われて逃げてきた山岡鉄舟が変装したという蔵座敷や隠し階段,鉄舟が置いていった鉄砲などを見せていただいた。とてもよい勉強になった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/18

府中宿から江尻宿を経て,興津宿まで

31futyuhigashi6as
東海道歩き二回目の19日目。前回から約一ヶ月ぶりで,府中宿から江尻宿を経て,興津宿まで約16kmを5時間で歩いた。
府中宿では,徳川家康の祖母源応尼の華陽院に立ち寄った。源応尼は,今川義元の人質になった竹千代の養育をしたそうだ。一回目の東海道歩きの時には関心がなかったが,NHK大河ドラマ「女城主 直虎」で紹介されたということで,ちょっと関心があった。でも,肝心の源応尼の墓の写真は取り忘れた。

草薙一里塚を経て,追分羊羹に立ち寄った。前回の東海道歩きでは,ここで休憩させてもらった。夏の暑さの中での街道歩きだったので,本当にありがたかった。そのときのお礼を言いたかったが,お客さんがたくさんだったので,一口羊羹を買っただけで,退出した。

00okitsuseikenji24s
興津宿では,興津坐漁荘を見学した。坐漁荘は,明治の元老西園寺公望の別荘で清見潟にあった建物である。
以前は博物館明治村に展示されていたが,2004(平成16)年に当地に復元されたそうだ。一回目の東海道歩きが2002(平成14)年なので,坐漁荘の見学は初めて。ボランティアの方が親切に説明してくれた。

今回の東海道歩きでは,雪をかぶった富士山がきれいに見えた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/02/25

今も楽しい東海道,姫街道

290225kaidouarukitanoshimi6s
今日,豊橋市中央図書館で,平成28年度三遠南信地域資料展記念行事の講演会があり,「東海道 歩き旅の楽しみ」という演題で,話をしてきた。内容は,
1,街道歩きのきっかけ
2,五街道踏破
3,二回目の東海道歩き
4,尾張・三河・遠江の東海道 西から東へ
5,街道歩きの楽しみ
6,街道歩きの苦しみ・注意すること

4では,二回目の東海道の「宮宿から金谷宿まで18宿」の写真を交えて説明した。
だらだらとした話だったが,皆さん真剣に聞いてくださり,うれしかった。久しぶりにお目にかかる方もいて,懐かしかった。

講演会では,元豊橋市美術博物館長の後藤清司さんも,「姫街道の歴史と魅力」という演題で講演された。
姫街道のことが詳しくわかり,よかった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017/02/18

蔦の細道を通り,丸子宿・府中宿まで歩く

22tsutahosomichi29s
東海道歩き二回目の18日目。岡部宿から府中宿まで約16kmを5時間で歩いた。今年になって初めての街道歩きとなる。
朝,6時48分発の東海道本線興津行で藤枝駅に行き,8時36分発の静鉄ジャストラインバスで,岡部宿柏屋前9時10分頃着。十国坂観音堂を経て道の駅宇津ノ谷峠(岡部側)から,蔦の細道を登る。蔦の細道は古代の歌人が通った道だが,西から登ると結構きつかった。汗をかきながら,やっとのことで在原業平歌碑まで到着。下りは,杉林の中を恐る恐る降りた。道の駅宇津ノ谷峠(丸子側)で休憩後,丸子宿の丁子屋に着いた。
25mariko14s
丸子に来たら,丁子屋のとろろ汁を食べないわけにはいかない。運良く,入り口のいろり横の席に着くことができた。「丸子」1440円。おいしかった。
おなかいっぱいで,歩くのが大変だったが,丸子一里塚,安倍川大橋を経て,府中宿へ。静岡市内は,河津桜祭りやエスパルスフェアをやっていることもあり,とても賑やかだった。帰りの電車のなかで,とても目がかゆくなった。マスクをしていたおかげで鼻水は出なかったが,どうも花粉を浴びてしまったようだ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/01/14

水守地区の東海道

Mizumori03bmap
昨年,藤枝市の水守地区を歩いた時,道に迷ってしまった。区画整理で,東海道の区間が失われていたのだ。
ふらっと旧東海道に「水守地区の東海道」をUPした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧