2021/02/11

2月のカレンダー

Calender2102_1abws

2月のカレンダーを見たら,どこかで見た鳥がいた。星野富弘さんの絵と詩がのどかでいい。どうやらジョウビタキが,ヘクソカズラとママコノシリヌグイを喰ったとか言っている。先日,1km公園で発見してから,この鳥をよく見る。今日は,自宅近くで見た。
緊急事態宣言の延長で,自粛中。

| | コメント (0)

2021/01/30

1km公園/ジョウビタキ

Ushikawayuho_r030130_2as

うっすらと雪が残る1km公園を歩いた。1月になって17回目。寒いが頑張った。

Joubitaki_ushikawayuho01s

1公園では,ムクドリ,ハクセキレイ,ハトなどが見られるが,今日は違う鳥がいた。2mぐらいの距離でも逃げなかった。胸から腹がだいだい色のかわいい鳥だった。野鳥のポケットガイドで調べると,ジョウビタキらしい。羽根が黒いのは,オスだという。スマホしか持っていなかったので,よい画像で出ないのが残念。ジョウビタキ・・・ヒタキ科の冬鳥。

| | コメント (0)

2020/08/23

スズメバチの巣を撤去して頂く

Koujir020820_11s

先日,近所に住んでみえる方に,我が家の生け垣にできていたコガタスズメバチの巣を撤去して頂いた。この方は,豊橋市の消防署にお勤めで,ハチの巣の撤去の経験も豊富だとのこと。まさにプロ。巣の中に殺虫剤を噴霧し,手際よく直径20cm以上あるハチの巣を撤去してくれた。写真のサザンカの葉がないところにスズメバチの巣があった。生態や行動もよくご存知で,スズメバチは巣を大きくするために葉や枝をかじったとのこと。こわした巣を見せて頂いたが,巣は三段になっていて,幼虫,さなぎがいっぱい。ハチの形になった生まれる寸前のものもいた。それが全て成虫になっていたら,大変なことになっていた。自分で撤去しようと思っていたときに,プロの方が撤去を申し出てくれて,本当にうれしかった。自分ではできない,感謝,感謝。

| | コメント (0)

2020/08/13

ホテイアオイの花

Medakahoteiaoi06s

メダカの水槽のホテイアオイが咲いた。昨日,水槽の水替えをした時には,まだつぼみだったが。今日の朝,めでたく開花。ホテイアオイは,ミズアオイ科ホテイアオイ属の一年草だが,四国・九州では多年草だそうだ。

Medakahoteiaoi001s

一昨日,左の火鉢の水替えをして,昨日,右の水槽の掃除をした。水槽の方は,水が緑色。思ったほど子メダカが生きておらず,がっかり。7月の梅雨時に親メダカが流れた後,今度は夏の暑さと水質悪化で,かなりメダカが減ってしまった。夏休みもあと4日だが,気を付けて管理しなければ。

| | コメント (0)

2020/07/12

1km公園にクマゼミの声

Ushikawayuho_r020712s

シャーシャーシャーシャー。朝,1km公園を歩くとクマゼミの元気な声が聞こえた。ああ,夏だ。このところの大雨で,朝歩くのは久しぶり。ちょっと前にもセミの声が聞こえたことはあったが,これだけの大合唱は,今年に入って初めて。

家に帰って,メダカにえさをやろうとしたが,どうも親メダカの数が少ない。水草をどかして数えてみると,5匹しかいない。うっ。激しい雨で,鉢から流れ出てしまったのだろう。せっかく10匹冬越しが成功したのに,かわいそうだ。子メダカが増えたので,新に睡蓮鉢を購入し,親メダカを新居に移したのがアダとなった。メダカの寿命は2年ほどとはいうものの,本当に大失敗。反省。親メダカ5匹を,子メダカが泳ぐ大きな水槽に移した。

| | コメント (0)

2020/05/18

メダカの産卵

Medakar020518_08s

昨年飼いはじめた親メダカがおなかに卵を抱いていたので,先日ホームセンターでホテイアオイを買ってきて,メダカの火鉢に入れておいた。ホテイアオイは外来種だそうだが,メダカの産卵には適している。一年草なので,去年のホテイアオイはほぼ消滅。ほぼというのは,残骸が少し残っている。夏に復活するかと期待はしている。今年は,ホテイアオイも冬越しさせようか・・。

Medakar020518_06s

ホテイアオイを入れて数日で,産卵されていた。ホテイアオイの根にたくさん付いている。さっそく,ホテイアオイごとバケツに移した。もうすでに,小型の飼育水槽では今年生まれた赤ちゃんメダカが泳いでいる。この赤ちゃんメダカは,去年生まれた子メダカの弟・妹にあたる。夏には,この子メダカの産卵も期待できる。親メダカからすると孫世代。いろいろ楽しみ

 

| | コメント (0)

2020/04/11

メダカの家のお掃除

Medakar020411_16s

メダカの家(火鉢)を掃除した。去年の夏に10匹のメダカを庭で飼いはじめたのだが,寒い冬を越すことができるかとても心配だった。冬の間は,エサをあげてもあまり見ることができなかった。それでも,3月ぐらいからエサを食べる姿を見ることができるようになっていた。そして,今日火鉢の水をこぼすと,10匹全員無事に元気な姿を見せてくれた。良かった。火鉢を乾燥させて,水を整えてから引越しする予定。

Medakar020411_20s

そして,メダカの赤ちゃん。こちらは,昔金魚を飼っていた45cm水槽で冬越しさせた。水が緑になり中の様子はわからなかったが,こちらは,冬でもエサをやると数匹水面に出てきていた。今日,慎重に水を捨て,子メダカをバケツに移した。親メダカ以上に警戒心が強く,遠くからカメラで写した。泥や藻でよく見えないが,30匹位いるだろうか。赤ちゃんメダカは,水替えのときこぼれたり,冬の寒さに耐えきれなかったりで,数は減ったが,まあ頑張ってくれた。これぐらいいれば,次の世代を残せそう。楽しみ。

| | コメント (4)

2019/11/14

カマキリ

Kamakirir1_4s

茶色のカマキリ。11月になってずっと我が家の玄関でひなたぼっこをしていたが,昨日ぐらいからどこかへ行ってしまった。それはそれで,ちょっと寂しい。冬越しできるかな?

| | コメント (0)

2019/11/04

焼津・花沢の里とアサギマダラ

Yaizuhanazawanosato53s

11月4日(月),文化の日の振りかえ休日。静岡県焼津市の花沢の里へ行ってきた。花沢の里は30軒ほどの集落で,2014(平成26)年に,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。花沢の里の道は,古代の東海道とされ,日本坂峠を越えて静岡市側の小坂集落へ通じていた。「やきつべの小径」ともいうそうだ。「焼津辺に我が行きしかば駿河なる安部の市道に逢いし児らはも」という万葉集の歌碑もある。

ヤマトタケルが東征のときに越えたであろう日本坂峠を通る古代東海道は,中世には蔦の細道,近世には宇津ノ谷峠越えの東海道と変っていった。

Yaizuhanazawanosato_08s

花沢の里の道沿いに,フジバカマが咲いていた。何気なく見ていると,アサギマダラがフジバカマの蜜を吸っていた。フジバカマには,アサギマダラに必要なピロリジジンアルカイドが含まれているそうだ。

| | コメント (0)

2019/09/29

ミヤギノハギ たくさん咲いた

Hagir01092909s

久しぶりに,庭のミヤギノハギがたくさん咲いた。一株だけだけど,結構大きい株になっている。黄色いチョウが,乱舞することもある。ちょっとうれしい。ハギの株,全体を撮ったけれど,上手に撮れなかった。まだつぼみがいっぱいあるので,しばらく楽しめそう。

Hagir01092910s

ハギの下には,メダカがいる。火鉢の中には,たぶん10匹のクロメダカがいる。ホテイアオイの根に卵を産み付けてくれたので,バケツに移したら,ちゃんと赤ちゃんメダカが生まれた。感激。水槽の水が澄んだら,引越しする予定。

| | コメント (4)